Columnプロフィール撮影コラム

ラィティグであなたのポートレートはこんなに変わる!

2021.11.16 上手く写真に撮られるコツ

カメラマンはもちろん、ラィティングによっても人の印象は変わります。
自分のイメージを決めつけてしまうのはもったいない!写真にはあなたの未来が映っているのかもしれないのに。
本日はその事例を分かりやすくご紹介します。

陰影をくっきりつけたラィティングの場合(左側の写真)
主に男性のポートレートは印影がはっきり分かるように撮影する場合が多いです。
男性は女性に比べ骨格がしっかりしていて、肌も濃いめ。陰影をつけることでドラマチックでクールな印象になります。
女性でも、アスリートの方やヨガやダンスで身体を鍛えている方には、はっきりした陰影のライティングが美しさを引き立てます。

重厚感が出ますので、下記のような職業の方にもオススメです。
・司法書士や税理士などの資格を持っている方
・公共機関勤務の方
・会社経営者
・音楽家の方

しかし、例えば音楽家の方の場合、演奏する音楽のジャンルによってもライティングの種類は変わってきます。
しっかり自分の音楽を演奏したいのなら重厚な雰囲気も必要ですが、ファミリーやサロン向けの場合はちょっとそぐわないです。
お客様との距離が近い演奏会でしたら、衣装もデコルテの強調されたドレスよりトレンド感のあるワンピースやスーツにして、柔らかいライティングにするのがオススメです。

光をまわしたラィティングの場合(右側の写真)
主に女性のポートレートは、ふわっとした光で撮影することが多いです。
このタイプのポートレートは、女性相手にサービスの提供のお仕事をしている方を表現するのに向いています。
・エステサロンやネイルサロンの経営者
・美容師さん
・お子様向けのサービスを提供している方

光を柔らかくすることで、親しみを感じられる印象を与えることが可能になります。

このように、ポートレートを撮影するときは、「誰に向けて」「何を伝えるか」をはっきりさせた方が良いですね。
決まりごとに縛られすぎると人となりが伝えられません。
ターゲットやテーマに沿って適切な撮影プランを提供できるカメラマンに頼むことが大切です。

フォトスタジオクローバーでは 第一線で活躍するヘア・メイク・衣装のスタイリング・スタイリストのプロと連携し、最高の1枚を撮影いたします。
「写真が苦手」「撮影されることが嫌い」「写真館で撮影してもらっても満足したことがない」
そんな方のご相談を無料で受け付けています。まずはあなたのお悩みを気軽にご相談くださいね。

オンライン相談お申し込みフォーム

LINE お友達登録はこちら

無料のメイクレッスンも実施中!

Contactオンライン相談お申込み

仙台フォトスタジオクローバーで
撮影をしたい方は
まずはオンライン相談へ!